女性向けの内容|女性も観れる!女性向けのエロ動画で楽しもう
キーボード

女性向けの内容

腕組みをする男性

さて、その女性向けというアダルトコンテンツの中身について説明しましょう。
比較として紹介するのは、男性が普段から観ているアダルト動画。そこには男女がいきなりベッドにいて、さっそくセックスをするという場合がほとんどです。その内容のすべてはセックスで果てたところで動画は終わります。
それはそうだろと男性は思う事でしょう。しかし、女性向けは違います。
まずはその男女がどういう人で、どんな出会いをするのかという描写からはじまります。いきなりベッドなんて意味がわかりません。
それから二人の心の交流や葛藤などがあり、いかに結ばれていくのかという物語がドラマとして描かれます。セックスばかりの動画なんて萌えません。
その間に描写されるのは、局部のアップではありません。男性の普段の仕草によるシーンのアップです。ネクタイを結ぶシーンだったりたばこを持っている手だったりです。これにはこだわられていて、そのシーンのために
何度も撮りなおすとも言われています。
そして待望のエッチシーンでは、男性が観るよなものにある「とにかくエッチ!」「されどエッチ!」ではなくて、相手を気遣い優しく包みエッチをするという、そう!まさに「愛のあるエッチ!」が描かれます。
それこそが女性をキュンキュンさせてヒィヒィ言わせるのです。
そして、そんな絵面にはエロメンと呼ばれるイケメン。有馬芳彦などの男優が彩ります。

この動画を見終わったとき一つのドラマを見終わったかのような感動すら覚えるので、女性たちは私もこんな恋愛してみたい!こんなエッチがしてみたい!と思うのです。
このような女性のリアクションからも分かるように、その内容は男女のもので全く違うということなのです。